2010年02月03日

ibus-anthyでのキー入力の振る舞い(案)

前の記事でibus-anthyでの親指シフト入力の改善点を書きました。

こうした問題点の報告はどこにすれば分からなかったのですが、思い切ってGoogleにあるibusのグループに投稿したら、開発者の方からのレスポンスがありました。早速いろいろな改善の対応をされていて(私はアップデートのし方が分からなくてorzまだ試すには至っていない)、大変ありがたいことです。

現在この問題でのディスカッションはGoogleのibusグループのissue 756で続いています。
http://code.google.com/p/ibus/issues/detail?id=756&colspec=ID%20Component%20Type%20Status%20Priority%20Milestone%20Owner%20Summary&start=100

一番分かりにくいのが、キー入力をしたときに実際にどのような結果が出てくるかです。親指シフトキーボードを使った場合、難しいのが専用キーボードでも細かい違いがあること、また、キーボードの刻印と違った入力をしたい(例えばKB231でも右手小指ホームポジションの右を「後退」キーとして使いたい)というニーズがあることです。

そこで、KB231とKB232を使った場合に、どのようなキー入力の結果を期待するか考えてみました。現在ウィンドウズでJapanistを使って親指シフト入力をしている経験や、リナックスでのscim-anthyでの結果も参考にして作ってみました。

いくらかでも見やすくということで、スプレッドシートの枡目をキーに見立てた表の形式にしました。タブの名前はキーボードの種類、IMEを起動しているかどうか、右手小指ホームポジション右での後退を使う (NICOLA-F style backspace)かどうかを示すようにしました。

気をつけてやったつもりですが間違いがあるかもしれません。もしお気づきの点がありましたらコメントをお願いいたします。



[重要]
2月6日0015現在、この表はおかしくなっています。修正中ですのでお待ちください。
0025現在、復旧しました。なお、最初のバージョンにあった間違いを修正しました。

今回の表の埋め込みの技術は以下のサイトを参考にさせていただきました。感謝します。

おくまの部屋(新館)
「NICOLA F style backspace」設定時のキーの出力【スプレッドシート貼付けテスト】
http://okuma-shinkan.cocolog-nifty.com/newshinkan/2010/02/post-b0f1.html

IDEA*IDEA
GoogleスプレッドシートをWebサイトに貼り付ける方法
http://www.ideaxidea.com/archives/2009/10/how_to_embed_google_spreadsheet.html


posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 20:28| Comment(6) | TrackBack(0) | ibus-anthy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。