2010年02月27日

ibus-anthyでの親指シフト関係設定

ibus-anthyの開発者のfujiwaraさんが精力的なアップデートをしてくれていて、親指シフト関係はかなり充実してきています。

http://code.google.com/p/ibus/issues/detail?id=756&colspec=ID%20Component%20Type%20Status%20Priority%20Milestone%20Owner%20Summary&start=100
のコメント41のパッチを現在テスト中です。実際に使ってない人も感じがつかめるように、また、使う場合に役立つように、親指シフト関係の設定について以下、簡単に説明をしておきます。

まず最初は「システム」−「設定」−「キーボード」−「レイアウト」−「レイアウトのオプション」−「Japanese keyboard options」での設定です。
keyboard options

この「NICOLA-F style Backspace」にチェックをすると、KB231のように右手小指ホームポジション右が後退キーになっていないキーボードでも「右手小指ホームポジション右での後退」が有効になります。これはIMEが起動していなくても有効となります。

もう一つはibus-anthyの設定です。これはibus-anthyが起動している状態でibus-anthyのバーにある「i」をクリックすると出てきます。『全般」タブで「入力タイプ」を「親指シフト」にした上で「Thumb Keyboard」のタブをクリックすると次のような設定画面が出てきます。
ibus-anthy setup.jpg

ibus-anthyを前から使っている人は、選択する項目が増えているのに気づいたと思います。親指シフトキーに使うキーの選択、レイアウトの選択、シフトキーを使った拡張のタイプ、小指シフトによる半濁音入力を使うかどうかがあります。

これらをどのように組み合わせて(それとキーボードの選択も)使うと使いやすいかもあわせてテストしてみたいと思っています。選択肢が増えたので少し時間がかかるかもしれませんがご寛恕をお願いいたします。
posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 22:42| Comment(8) | TrackBack(0) | ibus-anthy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおお、親指シフトキーに任意のキーが割り当てられるようになっている!!!
Posted by おくま at 2010年02月28日 00:01
そうですね。これで使える範囲がぐっと広がりますから、リナックスでの親指シフトへの関心が高まると良いんですが。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2010年02月28日 08:09
親指シフターはいろんなキーボードを使って親指シフトをシミュレートしている人が多いので、これは非常に大きな意味を持ちますよ。

その他の設定もきめ細かい。「まさかここまで!」と感激しました。

fujiwaraさんとぎっちょんさんに感謝です!
Posted by おくま at 2010年02月28日 14:19
> この「NICOLA-F style Backspace」にチェックをすると、KB231のように右手小指ホームポジション右が後退キーになっていないキーボードでも「右手小指ホームポジション右での後退」が有効になります。これはIMEが起動していなくても有効となります。

お疲れさまです。
これって「右手小指ホームポジション2つ右での取消」も有効ですか?
あと,できれば「IMEが機動しているときのみ有効」というのも欲しいです。

ところで,以下の件はいかがでしょうか?

> 別の話題ですが,空白キーの振る舞いはどうなっているでしょうか。IMEオンで確定済みのとき空白キーを押すと全角スペース,左右のシフトキーを押しながら空白キーを押すと半角スペースが出力されることを期待していますが,そうなっていますか?
Posted by azuki at 2010年02月28日 15:30
すみません,機動→起動です。
Posted by azuki at 2010年02月28日 15:33
おくまさん

ほんとにいろいろな設定ができますね。あとはユーザーが使いやすい設定を選べば良いわけですから。

>fujiwaraさんとぎっちょんさんに感謝です!

私は親指シフトの一ユーザーとして要望を出しただけなので、そんなに貢献はないのですが、fujiwaraさんには辛抱強くつきあっていただいたという気持ちです。親指シフトユーザーではないのにここまでやってもらってほんとに感謝感激です。

azukiさん

>あと,できれば「IMEが起動しているときのみ有効」というのも欲しいです。

まだ確かめていないのですが、これはキーボード設定の方でNICOLA-F style Backspaceのチェックを外し、ibus-anthyの設定でInput Method LayoutをNICOLA-Jにすれば良いのではないかと思います。確認してみます。

空白キーの振る舞いは未チェックです。他の項目と合わせて確かめます。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2010年02月28日 16:37
>ibus-anthyの設定でInput Method LayoutをNICOLA-Jにすれば良い

おっと、これはNICOLA-Fの間違いですね。いずれにせよ、確かめます。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2010年03月01日 09:32
すみません,NICOLA-Fについてはあまり詳しくないのですが,
NICOLA-JとNICOLA-Fとの違いって,後退と取消の位置だけで,
あとは同じでしたっけ?
Posted by azuki at 2010年03月01日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142334881

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。