2010年03月02日

ibus-anthyでのキー入力の振る舞い(KB231最新版)

前の記事にあったパッチでのKB231でのテスト結果です。



これを見るとほぼ親指シフトキーボードとしての期待される振る舞いとなっています。実用的にはほぼ問題ないレベルまで来ていると言ってよいと思います。

以下、いくつか気づきの点です。

1.「キーボード設定」でNICOLA-F style Backspaceをoffにして「ibus-anthyの設定」でInput Method LayoutをNICOLA-Fにすると読点がずれる。このブログの前の記事でazukiさんから質問があった「IME onの時だけ右手小指ホームポジション右での後退を使う」というのはうまくいっていません。IME offの時もNICOLA-F style Backspaceを使った方が良いという勧めか(笑)。私はこれでいいんだけど・・・。

2.おなじくazukiさんからの質問があった空白キーの挙動ですが親指シフトキーに関係なく全角空白が出ます。

3.角括弧と亀甲括弧については、角括弧が出力されます。

とりあえず以上です。KB232でのテストもしたいと思います。少し時間が空くかもしれませんのでご了解お願いします。
タグ:IBus-Anthy KB231
posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 00:19| Comment(1) | TrackBack(0) | ibus-anthy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 2.おなじくazukiさんからの質問があった空白キーの挙動ですが親指シフトキーに関係なく全角空白が出ます。

日本語入力時に,全角空白と半角空白を使い分けるため,MS-IMEを始めとするメジャーなIMEは,空白キー単独打鍵→全角空白,左右のシフトキー+空白キー→半角空白となっています。これは,デファクトスタンダードと言って良いと思います。全角空白と半角空白を使い分ける仕組みがなかったら,半角空白を入力するとき,いちいちIMEをオフにしなければならず,使い勝手が極端に悪くなります。
# 気づきの点に「親指シフトキーに関係なく全角空白が出ます」と書いてありますが,親指シフトキーではなく,左右のシフトキーです。

3.角括弧と亀甲括弧については、角括弧が出力されます。

確認ありがとうございます。フォローよろしくお願いいたします。
Posted by azuki at 2010年03月02日 14:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142525798

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。