2006年04月29日

アップデート

Fedora Core 5をインストールした後に、アップデートをしました。やり方はとても簡単で、「アプリケーション」メニューから「システムツール」−「Software Updater」を選択します。rootパスワードを入力して後は、選択しなければいけないところもデフォルトで問題無し。

ただ、アップデートにはかなり時間がかかりました。これはハードやソフトの環境にもよると思いますが(私は用もないのにインストールの時に「ソフトウェア開発」と「Webサーバー」にもチェックを付けたので、結構大きなシステムになっている)、1時間以上かかりました。

SCIM-Anthyもアップデートされていたようです。前の記事に書いた「。が.になる」こともなくなりました。おそらくその他のことでも細かな改善がされていると思われます。

右手小指ホームポジションの右のバックスペースについては、アップデート後も設定できないようです。これは技術的に難しいのか、あるいは必要性について認識が低いのか、もし後者だとすれば開発されている方に何らかの形で伝えたいと思います。
posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Fedora Core | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 右手小指ホームポジションの右のバックスペースについては、アップデート後も設定できないようです。これは技術的に難しいのか、あるいは必要性について認識が低いのか、もし後者だとすれば開発されている方に何らかの形で伝えたいと思います。

ぜひよろしくお願いします。ついでに,もう一つ右隣のキャンセルについても言及くださると幸いです。機能するのは日本語入力モード時のみで,英数入力モード時には“:”“]”となる点が肝です。

# Q's Nicolatterでは,変換エンジンにCannaまたはWnnを使っているので,未確定状態だとバックスペースとキャンセルが機能するけど,確定済み状態では“:”“]”となっていましたね。
Posted by azuki at 2006年05月01日 20:43
azukiさん

azukiさんも「右手小指ホームポジションの右のバックスペース」派ですか。

専用機のOASYSでは、英文でもバックスペースはこの位置でしたね。それからRboard Proでもその設定がデフォルトだったと記憶しています。

Q's Nicolatterでの振る舞いは確かに不統一で違和感がありました。
http://thumb-shift-on-linux.seesaa.net/category/899391.html
でも書いたのですが、コメントでKtJさんが書いているように設定をうまくやれば何とかできるようではあります。ただ、これも初心者にはハードルが高いですね。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2006年05月01日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17176250

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。